新世纪娱乐-官网~

图片

電気電子工学科の教育目標

電気回路?電気磁気学?電子回路などの電気の基礎知識を修得し、物理的?数学的考察により、具体的な問題に適用でき、電気電子工学に関わる計測?実験、およびコンピュータや自動制御についての基礎知識を修得し、実際に制御?測定?解析を行うことができる能力を身につける。また、「電気工学コース」では、電気エネルギー?制御技術とそれを支える材料?デバイスに関する基礎知識を、「電子工学コース」では、エレクトロニクス技術とそれを用いた情報通信や音響?映像に関する基礎知識を修得し、具体的に活用できる能力を身につける。電気電子分野における新しい課題を自らが提案し解決できる能力を養い、日本人の道徳?技術者倫理を踏まえて世代の異なる電気電子技術者と専門的な議論ができるとともに、専門以外の分野にも目を向け、創造的な発想に挑戦する技術者として活躍できる人材を育成する。

学習?教育目標

A 自己啓発?自己管理能力
修学スタイルを確立し、社会に貢献できる人材となるための心構えを身につけるとともに、自主的?継続的な自学自習能力を身につける。
B 多様な価値観の理解と倫理的判断能力
「知性と教養」?「感性と徳性」?「体力と健康」および技術者としての倫理観の涵養を図る。
C 外国語コミュニケーション能力
国際社会の一員として、日常場面、職場、研究の場において必要な、基礎的な外国語のコミュニケーション能力を身につける。
D 現象のモデル化と分析能力、論理的思考能力
数理の基礎を学び、論理的思考力を養うとともに、工学?技術の諸問題に応用できる能力を身につける。
E 図形コミュニケーション能力
図形表現の技法を理解し、図形によるコミュニケーションができる能力を身につける。
F 基礎的な実験能力
実験に関する基本的な知識と技量を修得し、それらを活用して実験計画の立案と実験の実施、観察、考察、報告ができる能力を身につける。
G 問題発見?問題解決能力
身近な問題を解決するために、現在持っている知識に加えて必要な情報を集め、グループ活動を通して問題を解決することができる能力を身につける。
H コンピュータリテラシー
コンピュータに関する基礎知識を修得し、それらを活用できる能力を身につける。
I 工学的基礎能力
日本人の道徳?技術者倫理を踏まえ、世代の異なる電気電子技術者と専門的な議論をすることができる能力、および、専門分野の技術文書に記載される日本語および英語の表現を学び、専門分野に関する論理的な文章を日本語で書くことができる。
J 電気電子基礎能力
電気回路?電気磁気学?電子回路などの電気の基礎知識を修得し、物理的?数学的考察により、具体的な問題に適用できる。
K 制御?計測?コンピュータ基礎能力
電気電子工学に関わる計測?実験、および、コンピュータや自動制御についての基礎知識を修得し、実際に制御?測定?解析を行うことができる。
L 電気電子応用能力
(電気工学コース)電力?エネルギー応用能力 電気機器?制御応用能力 エネルギー材料?デバイス応用能力
電気エネルギー?制御技術とそれを支える材料?デバイスに関する基礎知識を修得し、それらを具体的に活用できる。
(電子工学コース)光?電子デバイス応用能力 通信?電波応用能力 音響?映像応用能力
エレクトロニクス技術とそれを用いた情報通信や音響?映像に関する基礎知識を修得し、それらを具体的に活用できる。
M 統合能力
電気電子分野における新しい課題を自らが提案し、自らの知識?技術を用いてその課題を解決できる能力、および、電気以外の分野にも目を向け、創造的な発想に向けて挑戦できる。
N キャリアデザイン能力
電気電子分野に関する産業界の動向、求められる技術者像、就職環境などを正確に把握して、将来の進路を展望し、自らの進むべき方向を決定できる。

KIT金沢工業大学

  • Hi-Service Japan 300
  • JIHEE
  • JUAA
  • SDGs

KIT(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.